バキュームおめめにHITOMEBORE

中年の人と筋肉の人と最強のおバカ宇宙人

髪の毛のはなし【ヘアドネーション】


こんばんみ。

もう全然関係ないけど新たに開設するの、わからなくなっちゃうからここに全てまとめてしまおう。

以前のエントリに書いたはなしで、男になりたい。ってやつだけど
そんな私、実は髪長いのです。

長いというか
世間一般でいうロングヘアではなく
スーパーロングヘアなるものなんです。
ロングを越えたらそれはもう全てスーパーロングになってしまうから曖昧な表現だけれども、詳しく言うと私はお尻を越えているくらい。

自分的にロングヘアの女の子みても
「なっげー。うわなっげー。軽くキモいなあ」とか思っちゃってたりしてるのでスーパーロングなんてもってのほか。
長すぎてきんもちわるいったらありゃしない。
だから普段は基本はおろさず、綺麗にまとめて普通のロングっぽく見せてたりします。
お友達にも
「髪の長さ不詳だよね、長めのロング?」
「胸上くらい?」とか言われることが多くて、男の子のお友達に至っては「長いんだと思うけどそれじゃわかんねぇ」って言われる感じ←
実は腰を越えてて…っていうと大概の人が驚くし軽く引くし。

「同じ髪型やろうと思ったらロングなのに足りなかった!笑」
「めっちゃ長いんやね!」

って言われることも時々。

なのに、伸ばしてる。

実際何人かとお会いしましたけれども
「、、、長くね?」
って思った方もいたのではないでしょうか…
最近はイベントの時は長いままにしております。その理由はまたのちほど。


まーた話が逸れ気味になってしまったけど、なぜ私が髪を伸ばしているのか。

本当は短くしたい。
坊主にしたい勢いで髪邪魔だし。
男の子でいたいと思うから女の子らしい髪型嫌だし。

それでも伸ばしてる。

それは寄付のため

みなさんは
なる活動をご存知ですか?

今回は勢いのまま急いでしまったため記載の許可を取れてはいないのですが…

ヘアドネーションについて
私の独断と偏見で、わかりやすく簡単に説明すると

小児がんの治療や事故などで髪を失ってしまった子供たちへ医療用(人毛)ウィッグを無償提供するボランティア
また、その医療用ウィッグをつくるための人毛を寄付するボランティア

です。
パッと読んでわかりやすくしたかったので、少し違っていたりすることもあるかもしれません。
お手数ですが詳細はこちらへ
最近、サイトがリニューアルされとても見やすくなっています。ぜひ1度目を通してみてください。



ここ数年、ヘアドネーションをする芸能人の方が増え、だんだんとその認知度も上がってきました。
そして先日お亡くなりになられた小林麻央さんも、この活動を広めてくださったひとりです。
麻央ちゃんのことば、行動はたくさんの人に大きな影響を与えています。それは麻央ちゃんが亡くなってしまった今この瞬間も変わりません。
私は小さい頃からずっとこの活動に参加し、広める努力をしてきました。
彼女に「ありがとう」と伝えたい。
麻央ちゃんはたくさんの人を勇気付けています。


・髪を伸ばして切って寄付をする
・髪が長い子、伸ばそうとしている子にこの活動の存在を知ってもらう

わたしはこんなちっぽけなことしかできていませんが、これだけでも救われる人がいます。

ズボラにもできる、簡単なボランティアなんです。

ただ、ただ髪を伸ばせばいいんです。
引っ張って切れない髪なら、どんなに傷んでいても染色していても、パーマをかけていても、いいんです。

「定期的に美容院にいくの、めんどくさいなぁ」

なんて思っていませんか?
やりましょう、ヘアドネーション

先ほどリンクを貼らせていただいたところは、NPO法人として運営していて
受付が12インチ以上(≒31cm)となっています。
実際に髪を伸ばして、これだけ切ろうとすると胸を超える長さになります。

「さすがにそんなに伸ばしたくないよ、暑いもん」

わかります、その気持ち。
長さが足りなくても受け取ってはいただけます。こちらのNPOでは転売等をして製作費用に充てられていますので無駄にはなりません。

「そんなに伸ばしたくないけど、自分の髪をウィッグに使って欲しい!」

そう思う人もいるかもしれません。直接役に立ちたい、わかります、その気持ちも。

そんなときは、こちら。
ここでは15cm〜受付していて、なおかつ15cm〜ウィッグをつくっています。

リンクを踏んでいただければお分かりになると思いますが、15cm〜30cmの寄付髪で帽子と組み合わせるタイプのウィッグがつくられます。

いかがでしょうか。
夏を目前にして(まだ梅雨らしい)暑いし髪の毛切りたいなあ、なんて思ってらっしゃる方、ぜひ参加してみてはいかがでしょう?

「切るけど肩上のつもりだった」

なんてそこのあなた!
がっつりイメチェンしてみませんか!

ボランティア活動とイメチェンが同時にできるんです、それによって咲く笑顔の花があるんです。

「肩上じゃなくて耳下まで切れば15cmこえるかも!」

なんて人は、ぜひぜひ、イメチェンしちゃってください!寄付しちゃってください!
きっといい夏が訪れます✨



私が今、まだ髪を切らずに伸ばしている理由は
こうやって色々な人がたくさんいる、色々な場所へ髪の長いのをみせたまま足を運ぶことで長い髪に興味を持ってもらいたいからです。

「なんであの人あんなに髪長いんだろう?」
「切らないのかなぁ?」

そんな小さな疑問から、ヘアドネーションという活動を見つけてくださる方もいらっしゃるはずです。

そして、その場で会ったお友達にも
「髪長いね!」
と言われ、ヘアドネーションのお話をすると、たくさんの子が
「私も今長いし、今度切るときはやってみようかな?」
なんて考えてくれたりもします。



髪がある、それは恵まれたことなのかもしれない。

私はそう思います。

私は髪が伸ばせる。
そして髪を必要としている人がいる。



そんなの、伸ばして寄付するしかないじゃん。



女の子らしくいれば、いつかは女の子でいることが楽しいって思える日が来るかもしれない。
そんなことを頭の片隅に置きつつ、長い髪に対する憧れを抱く気持ちも痛いほどわかるので、こうして髪を伸ばしています。


いつの日か自分が男の子として生きる日が来ても、きっと私はこの活動を広めることをやめることはありません。

でも、医療技術も進歩してきています。
髪を失っても、また自分の髪が生えてくるようになる日がくるかもしれません。

その日のヘアドネーションの在り方は私にはわかりませんが、とにかく今は必要です。



ただただ髪を伸ばして、長くなったら切って寄付するだけ!
ズボラ向き!!


ハァッ!締め方がわからない!ごめんなさい!